前へ
次へ

交通費は給料として支払われることを知る

営業の仕事をするときは電車などで移動することがあり、その時の交通費は会社が負担してくれます。
別途交通費の精算書を提出するとそれを後から手渡しや振り込みなどでくれるでしょう。
このときの経理処理は交通費としてになります。
仕事をするときには直接仕事と関係のない交通費を受けるときもあります。
自宅から徒歩などで行ける勤務先なら通勤をするのにお金はかかりませんが、電車などに乗らないと行けないときはそのお金の負担が必要です。
多くの会社ではその時の交通費を負担してくれるので自分で払う必要はありません。
経理処理は交通費でありながら給料として計算されます。
求人情報にも給料に関する情報のところに交通費支給に関する情報が書かれているでしょう。
全額支給や一部支給などと書かれています。
遠方から通勤する人は交通費も多くなるのでその分給料が多くなります。
あまり遠方の人は給料負担が多くなるからと採用時に敬遠材料になる可能性もあります。

Page Top