前へ
次へ

お給料アップのためのポイントはどこにあるのか

求人情報を出すのは、雇用側です。
今、新規オープンするお店でもアルバイト求人や正社員を募集する情報を開示しています。
何人くらい従業員を雇えばいいのか、事業主には責任があります。
業態によって人事生産性売上高という指標があります。
これは、従業員1人当たり1時間当たりの売上高です。
この数字によって人員を配置する数が割り出せます。
売上を確保したり、経費を算出することも必要で、例えば、人件費は月間労働時間2000時間(1日10時間営業、30日営業で常時6人)×1000円で算出します。
営業形態にもよりますが、求人情報を出すにしても広告販促費がかかります。
新聞折り込みチラシ、フリーペーパー広告、ホームページなどが一例です。
事業者にとっては、雇用するからには最低賃料にプラスして、利益をボーナスとして反映させたいはずです。
とあるコンサルタントは、人件費の最低3倍の粗利額を生み出せるかが利益の構造のポイントとして挙げています。
店を成功させるのは基本的には数字ですが、働き手のやる気も重要です。
ソツなくこなすだけでお給料がもらえる、そこで落ち着いては利益は生まれません。
歩合制ならば、やる気次第でお給料はアップします。

Page Top