前へ
次へ

企画営業はどんな仕事をするのか

求人情報に出ている職種の中でも多いのが営業職かも知れません。
その会社の商品やサービスをお客さんに知ってもらうための活動をする職種で、社内の中でも最もその職種の人が多いところもあります。
一般的にはお客さんのところに出向いて提案をしますが、飛込など全く知らないお客さんとの対応が必要な時もあります。
求人情報で営業職を募集するとき、単に営業と書かれているときもあれば企画営業と書かれているときもあります。
違いが気になるかも知れませんが特にありません。
営業の仕事はある程度任されることが多く、自分で客先に提案をしたりイベントを企画したりします。
そこで企画をつけたりするのでしょう。
職種に単に営業とだけ書かれているときつい飛込や電話による仕事のイメージが強くなります。
一方企画営業となっていると任される提案型の仕事のイメージになります。
実際にどんな仕事になるかはそれぞれの職場で異なるので、応募をしてから面接などで確認しないとわかりません。

Page Top